• コンセプト
  • CPAB(キャラクタープロファイルアセスメントブルー)
  • CPAG(キャラクタープロファイルアセスメントグリーン)
  • マークシート受験
  • カウンセリング

メンタルヘルス・プロファイルツール

CPAの一番の特徴は「ストレスを数値化できる」メンタルヘルス・適性診断です

企業を取り巻く環境の変化はますます激化し、それに伴いヒトの価値観も多様化しています。
過去の成功体験や枠組みでは通用しない時代に、より客観的で的確なツールが求められています。
個人が組織で能力を発揮するためには、個人と組織をプロファイリングし、その関係性を明確にすることが重要だと考えます。

  • CPAB適性検査

    CPAB適性検査

    CPABは、中途採用候補者や従業員の方を対象に、受験者の基礎能力に加えてメンタルヘルス、ストレス状態の把握や企業文化とのマッチングなどを診断できる多目的なプロファイリングツールです。

  • CPAG適性検査

    CPAG適性検査

    CPAGは、主に新卒採用候補者を対象に、受験者の方々の基礎的な学力に加えメンタルヘルス、ストレス耐性や行動特性などの基礎能力を合わせて診断できる多目的なプロファイリングツールです。

  • マークシート

    マークシート

    マークシート受験は、会社説明会・セミナーなど多くの人数を一斉に実施する場合に適しています。

  • カウンセリング・セミナー

    カウンセリング

    メンタルヘルス・ストレス診断後、対面でのカウンセリングも利用できることから、抱える問題に応じた対応を考慮できます。

CPAツールコンセプト-適性検査・ストレス診断について

適性検査概要図

個人が組織で成功するプロセスを「プロファイリング・レイヤー」として定義し、能力の高さを見極めるのではなく、組織に対する適性を見極めます。

  • 人材プロファイリングシステムは単なる性格検査ではありません。人は意識や置かれた環境により、変化していくことを前提に設計されたプロファイリングシステムです。
  • 個人がビジネスパーソンとして成功するためには、ポテンシャルやスキルを採用・育成段階で見極めていくことが必要です。

なぜCPABが選ばれているのか

なぜCPABが選ばれているのか

【お客様の声 - インターネット関連会社】
過去に採用診断ツールとして他社を使用し、応募者のコンピテンシーを確認していましたが、自社とのマッチング確認ができませんでした。CPA適性検査では、自社の優秀な社員と応募者に受験してもらうことで、前者と後者を比較検討し、マッチング度を確認できています。

【お客様の声 - ソフトウェア会社】
CPAB適性検査の結果レポートを応募者の深層性格を確認するために活用しています。診断結果は、他社の適性検査にはなかったもので、内向的で話すことが不得意な応募者のより深く知れる有効なツールとなるので、大変満足しています。

なぜCPAGが選ばれているのか

なぜCPAGが選ばれているのか

【お客様の声 - 人材関連会社】
昨今の経済情勢により、新卒者のエントリー数が大幅に増大し、スクリーニングツールを検討していました。基礎能力や性格特性だけではなく、「ストレス」というメンタルなキーワードによるスクリーニングは、他社の適性検査にはなかったもので有効なツールとなっており、大変満足しています。

【お客様の声 - インターネット関連会社】
面接は、面接官個人の感覚で評価し、抽象的な評価(やる気がある等)で合否決定した結果、入社後パフォーマンスが上がらず、離職を繰り返す悪循環が発生していました。CPAG適性検査による社員の特性分析により、選考基準要件を明確にし、それをもとに選考フローの見直しを図ることができました。


プライバシーマーク